通信サービスの見直し│電話加入権やレンタル携帯にチェンジしよう

短期間の利用に最適

携帯

期間限定で利用できるレンタル携帯は、無駄なく使用できるところが魅力。イベントや調査などで仮の携帯が必要になる場合は、インターネットで申込みするだけですぐに使用できるようになります。

More Detail

通信サービスを選ぶ

オフィス

購入先で変わる

通信サービスの中でも最もポピュラーなものと言えば、固定電話。電話加入権を購入し、その回線を使用して通話を行ないます。昔に比べると加入権自体の価格や通信費は格段に安くなっており、手に入れやすいです。ですから、必要なタイミングで電話加入権の購入手続きをすると良いでしょう。
ただ、電話加入権はどこで購入するかが運命の分かれ道。基本料金や各通信費はそれぞれ違いますし、工事にかかる費用なども別途発生します。また、通信は品質面でもクリアな音声であるかどうかが重要な指標となるため、比較をしてから手続きをすることが大切です。

インターネット回線の活用

電話加入権を購入する上で近年目覚ましい数の加入者が増えているのは、「インターネット回線」。電話回線は特定の回線を使用されていることが多いですが、インターネットが普及した今ではこの汎用性の高い回線を使用したものが続々と誕生しています。インターネット回線を使用した方がいい理由は、月々に発生する料金が割安になること。特に通話が多い場合は、通信費の負担が多く支出の割合も多くなります。しかし、電話加入権の選定で安いものを選んでおけば大幅におさえることができます。
また、パソコン用にインターネット回線を別途使用している際は、合わせて使用できるプランを選んでおくと月々の基本料金が安くなります。これもランニングコストをおさえるテクニックのひとつなので、通信サービスの見直しを合わせて行ないましょう。

通信費をおさえる

通話する女性

法人の使用率が高いことで有名なビジネスフォンは、中古や新品まで揃っていてプランも選択しやすいです。利用する際は契約更新や解除時の定めや本体の保証サービスを比較してから選びましょう。

More Detail

使い方次第

スマートフォン

データ通信を利用する際は、通信費を大幅におさえることができる格安SIMがおすすめです。容量によって月額基本料金を変更できますしオプションのサービスで繰越しやシェアも行なえるから便利です。

More Detail